綱紀(読み)コウキ

デジタル大辞泉の解説

こう‐き〔カウ‐〕【綱紀】

《「」は太いつな、「紀」は細いつなの意》国家を治める大法と細則。また、一般に規律。「綱紀の乱れを正す」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうき【綱紀】

( 名 ) スル
〔「綱」は大づな、「紀」は小づな〕
国家を治めるおおもと。また、物事のおおもと。
国家を治めること。物事をしめくくること。 「人生百般の事を-せざる莫し/明六雑誌 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐き カウ‥【綱紀】

〘名〙 (「綱」は大づな。「紀」は小づなの意)
① 国家を治める大法と細則。また、一般に規律。物事のしめくくり。
※菅家後集(903頃)哭奥州藤使君「欲他日費、求利失綱紀
※国会論(1888)〈中江兆民〉「秩序を紊乱するとか綱紀(コウキ)を破壊するとか」 〔荀子‐勧学〕
② (━する) 国家を統べ治めること。物事を締めくくること。
※明六雑誌‐二〇号(1874)知説・三〈西周〉「人文の淵源を深うし以て人生百般の事を綱紀せざる莫し」 〔詩経‐大雅・樸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綱紀の関連情報