襲国(読み)ソノクニ

精選版 日本国語大辞典の解説

九州南部の古地名。日向国(宮崎県)と大隅国(鹿児島県)とにまたがる山岳地帯とみられ、現在の鹿児島県曽於(そお)市を中心とする一帯にあたると考えられる。
※書紀(720)景行一二年一二月「朕聞く、襲国(そのくに)に厚鹿文(あつかや)迮文者(さかや)といふ者有り」
[補注]「書紀‐景行一二年一二月」では「襲国」を「くまそのくに」と訓んでいるもの(北野本南北朝期訓など)があり、また「古事記伝」のように「くま」を「そ」の形容と解する説もあるが、元来「くま」と「そ」とは、別の地名であったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の襲国の言及

【大隅国】より


【古代】
 西海道に属する中国(《延喜式》)。はじめ日向国の一部をなし,襲国(そのくに)ともよばれ,熊襲(くまそ)・隼人(はやと)の根拠地とみなされていた。割拠の豪族として大隅直(あたい)や曾君(そのきみ),加士伎県主(かしきあがたぬし),肝衝(きもつき)などの名があり,大隅隼人の首領大隅直の地盤と目される半島東南部肝属(きもつき)川一帯に高塚式古墳が少なくない。…

※「襲国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android