コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西サハラ紛争 にしサハラふんそう Western Sahara conflicts

2件 の用語解説(西サハラ紛争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西サハラ紛争
にしサハラふんそう
Western Sahara conflicts

アフリカ大陸の北西端に位置する旧スペイン領サハラの独立をめぐる問題。領有権を主張する周辺国の対立に民族解放組織がからんで紛争状況を呈している。西サハラリン鉱石の産地で,領有権を主張するモロッコアルジェリアの係争地域であったが,1973年独立を求める住民がポリサリオ戦線 (POLISARIO) を結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

西サハラ紛争

スペイン西サハラの領有権をめぐる、モロッコモーリタニアと、民族自決を要求するポリサリオ戦線(POLISARIO)との紛争。1975年11月、スペインはこの2国とマドリード3国協定を締結し、両国の領有権を認め、76年には両国の西サハラ分割が実施された。一方、ポリサリオ戦線は同年、サハラ・アラブ民主共和国(SADR)樹立を宣言、アルジェリアの支援を得て武力闘争を開始した。79年、モーリタニアの領有権放棄表明後は、モロッコとポリサリオ戦線の対立となった。アフリカ統一機構(OAU)首脳会議は84年、SADRのOAU加盟を決議、モロッコはOAUを脱退した。88年、両者は停戦と民族自決を決める国民投票を勧告した国連事務総長和平提案を受諾。91年5月、国連安保理は、西サハラの独立かモロッコへの帰属かを問う国民投票を行う、との国連事務総長の提案を承認する決議を採択した。しかし有権者認定の基準や方法をめぐり両者が対立したため、国民投票は遅れた。2000年の国民投票実施を決めたヒューストン合意が達成された。しかし、モロッコの反対で、実施は延期された。02年11月、モロッコ国王・モハメド6世は突如、国民投票を拒否、ポリサリオ戦線を支援する隣国アルジェリアとの対立が高まった。04年、アナン国連事務総長はベーカー元米国務長官を特使として派遣、5年間の自治期間後、住民投票で帰属を決める調停案を提示したが、モロッコは拒否。05年にはフランス・スペイン共同提案も拒否した。同年11月にはモハメド国王は西サハラ住民に対し、モロッコの領有権と引き換えに完全自治権を与えると提案したが、ポリサリオ戦線は拒否した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西サハラ紛争の言及

【西サハラ】より

…それに対して〈ポリサリオ戦線〉が西サハラの独立を主張し,アルジェリアの支援を得て武装闘争を開始,76年にサハラ・アラブ民主共和国の樹立を宣言した。このことから〈西サハラ紛争〉が発生し,79年にモーリタニアが南部を放棄した後,モロッコが西サハラ全域を併合した。1980年から87年にかけてモロッコは〈壁〉といわれる防衛線を建設し,ポリサリオ戦線軍の攻撃を防ぐとともに,併合した西サハラ地域の都市施設や道路建設を進め,有効支配の実績を固めようとした。…

※「西サハラ紛争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西サハラ紛争の関連キーワードアイウンスマラタルファヤ西サハラフォークランド諸島アメリカスペイン戦争ラスカサススペイン領サハラ領有権問題モロッコのスペイン領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone