コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西儒耳目資 せいじゅじもくし Xi-ru er-mu-zi

2件 の用語解説(西儒耳目資の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西儒耳目資
せいじゅじもくし
Xi-ru er-mu-zi

中国,明末にフランスイエズス会宣教師ニコラス・トリゴー (中国名,金尼閣) が書いた中国語の音韻書。天啓6 (1626) 年刊。同5年山西省絳 (こう) 県で同地の韓雲を助手としてマテオ・リッチがつくったローマ字による漢字の表音方式を改良,表音文字で標記した初めての中国語の韻書として,陝西省 涇陽 (けいよう) の王徴の校訂を経て出版された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいじゅじもくし【西儒耳目資 Xī rú ěr mù zī】

イエズス会の宣教師フランス人ニコラ・トリゴーNicolas Trigault(中国名,金尼閣)の作った韻書。明末の天啓6年(1626)に出版された。トリゴーは,マテオリッチの表記法に近いローマ字を用い,五つの〈自鳴〉字すなわち母音文字と,20の〈同鳴〉字すなわち子音文字とによって,中国語の音韻体系を簡潔に記述した。西洋人の中国語学習者(西儒)にとっての手助け(耳目資)を意図したものではあるが,当時としては驚くほど精緻なものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の西儒耳目資の言及

【中国学】より

…17世紀の初頭以来,中国に関する研究をすすめたのは,イエズス会所属の会士たちであり,とくに顕著な成績を挙げたのはフランスの会士たちであった。たとえばトリゴーN.Trigault(1577‐1628)は《西儒耳目資》という中国語発音辞典をつくり,1626年に杭州で出版した。本書は中国語で書かれたものであるが,漢字はアルファベットで転写されていて,中国の学者を驚倒させ,中国に音韻学をおこすのに貢献したのであった。…

※「西儒耳目資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西儒耳目資の関連キーワードブーベレジスイエズスイエズス会士日本通信イエズス会士聖フランシスコザビエル教会ペドロ=デ=ラ=アスンシオンチベット探検ラ・フレーシュチキトスのイエズス会伝道施設群

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone