コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西儒耳目資 せいじゅじもくしXi-ru er-mu-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西儒耳目資
せいじゅじもくし
Xi-ru er-mu-zi

中国,明末にフランスイエズス会宣教師ニコラス・トリゴー (中国名,金尼閣) が書いた中国語の音韻書。天啓6 (1626) 年刊。同5年山西省絳 (こう) 県で同地の韓雲を助手としてマテオ・リッチがつくったローマ字による漢字の表音方式を改良,表音文字で標記した初めての中国語の韻書として,陝西省 涇陽 (けいよう) の王徴の校訂を経て出版された。音韻分析のために「反切」という手段しかもたなかった中国語に,より簡明な方法を提供し,中国音韻研究史上,重要な価値をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいじゅじもくし【西儒耳目資 Xī rú ěr mù zī】

イエズス会の宣教師フランス人ニコラ・トリゴーNicolas Trigault(中国名,金尼閣)の作った韻書。明末の天啓6年(1626)に出版された。トリゴーは,マテオリッチの表記法に近いローマ字を用い,五つの〈自鳴〉字すなわち母音文字と,20の〈同鳴〉字すなわち子音文字とによって,中国語の音韻体系を簡潔に記述した。西洋人の中国語学習者(西儒)にとっての手助け(耳目資)を意図したものではあるが,当時としては驚くほど精緻なものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の西儒耳目資の言及

【中国学】より

…17世紀の初頭以来,中国に関する研究をすすめたのは,イエズス会所属の会士たちであり,とくに顕著な成績を挙げたのはフランスの会士たちであった。たとえばトリゴーN.Trigault(1577‐1628)は《西儒耳目資》という中国語発音辞典をつくり,1626年に杭州で出版した。本書は中国語で書かれたものであるが,漢字はアルファベットで転写されていて,中国の学者を驚倒させ,中国に音韻学をおこすのに貢献したのであった。…

※「西儒耳目資」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone