コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西四辻公業 にしよつつじ きみなり

2件 の用語解説(西四辻公業の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西四辻公業

公卿。公恪の養子。子爵。幼名茂丸。高松公祐の男。従五位下。勤王家、御歌所参候。大阪府知事。安政勤王八十八廷臣の一人。明治32年(1899)歿、62才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西四辻公業 にしよつつじ-きみなり

1838-1899 江戸後期-明治時代の公家,華族。
天保(てんぽう)9年3月5日生まれ。権(ごんの)中納言高松公祐の3男。西四辻公恪(きみつむ)の養子。安政5年幕府への外交委任をきめた勅裁の変更をもとめる八十八卿列参にくわわる。慶応2年朝政刷新などを奏上し蟄居(ちっきょ)を命じられる。維新後,大阪府知事をへて侍従をつとめた。明治32年10月7日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

西四辻公業の関連キーワード佐々木古信安斎教子昇斎一景椎陰関直吉中村理禎星の屋輝雄本郷庵切通三輪義方吉成好信

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone