コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾忠移 にしお ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西尾忠移 にしお-ただゆき

1746-1801 江戸時代中期-後期の大名。
延享3年生まれ。西尾忠需(ただみつ)の次男。天明2年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主西尾家4代。4年奏者番となり寺社奉行をかねる。甘蔗(かんしょ)(サトウキビ)の栽培を領内にひろめ,横須賀精糖の基盤をかためた。享和元年3月27日死去。56歳。初名は尚親。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西尾忠移の関連キーワード西尾忠善

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android