コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山麗 にしやま れい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西山麗 にしやま-れい

1984- 平成時代のソフトボール選手。
昭和59年3月8日生まれ。内野手(右投げ左打ち)。先天性心臓病「大動脈弁狭窄・閉鎖不全症」と診断され激しい運動を禁じられてきたが,中学生のとき渡米して心臓弁移植手術が成功。厚木商業高では平成12年,13年と選抜優勝,インターハイ優勝するなど活躍。平成14年日立ソフトウェアにはいる。16年,17年リーグのベストナインに選ばれる。20年北京五輪日本代表となり,金メダリストとなる(30打数7安打)。22年日立ソフトウェアでコーチ兼任。神奈川県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西山麗の関連キーワードスペースシャトル飛行記録鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)磯崎新加山又造紀田順一郎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西山麗の関連情報