コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西岸寺任口 さいがんじ にんこう

1件 の用語解説(西岸寺任口の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西岸寺任口 さいがんじ-にんこう

1606-1686 江戸時代前期の俳人。
慶長11年生まれ。京都伏見(ふしみ)西岸寺の住職。俳諧(はいかい)を松江重頼(しげより)に,和歌と連歌を里村昌程(しょうてい)にまなぶ。松尾芭蕉(ばしょう),井原西鶴(さいかく)らと交遊があった。句は「俳諧続独吟集」「古今誹諧師手鑑」などにある。貞享(じょうきょう)3年4月13日死去。81歳。別号に如羊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西岸寺任口の関連キーワード徳川忠長クック通し矢小田原藩吉田半兵衛バヌアツ徳川忠長とお昌榊原康政二程全書認証保育所

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone