西岸寺任口(読み)さいがんじ にんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西岸寺任口 さいがんじ-にんこう

1606-1686 江戸時代前期の俳人。
慶長11年生まれ。京都伏見(ふしみ)西岸寺の住職。俳諧(はいかい)を松江重頼(しげより)に,和歌と連歌里村昌程(しょうてい)にまなぶ。松尾芭蕉(ばしょう),井原西鶴(さいかく)らと交遊があった。句は「俳諧続独吟集」「古今誹諧師手鑑」などにある。貞享(じょうきょう)3年4月13日死去。81歳。別号に如羊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android