西川(読み)にしかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西川(川)
にしかわ

新潟県中央、西蒲原(にしかんばら)郡を貫流する信濃川(しなのがわ)三角州面の西側の分流。延長44.5キロメートル。州頂の新信濃川分水から本流と分かれて、蒲原砂丘裏のラグーンの沼沢地の水を集め、新潟市の平島(へいじま)で信濃川に合流する。近世は、沼垂湊(ぬったりみなと)から内野(うちの)、曽根(そね)、巻(まき)、地蔵堂(じぞうどう)などの河岸場(かしば)をつなぐ蒲原船道(ふなどう)とよばれた舟運が発達し、沿岸の年貢米廻漕(かいそう)の主軸をなしていた。現在は、灌漑(かんがい)用水、上水道源に利用されているが、夏場は水不足に悩まされ、昔のおもかげはなくなっている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西川の関連情報