コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村貞 にしむら てい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村貞 にしむら-てい

1893-1961 昭和時代の美術史家。
明治26年12月12日生まれ。日本美術における西洋美術の受容について研究をすすめ,また石仏,茶道庭園の調査をおこなった。昭和29年「民家の庭」で毎日出版文化賞。昭和36年3月3日死去。67歳。大阪出身。明大中退。本名は久次郎。著作に「南都石仏巡礼」「日本銅版画志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西村貞の関連キーワードナウマン(Joseph Friedrich Naumann)ドロイゼン亜欧堂田善マイネッケ小野 忠重昭和時代軍国主義黄檗宗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android