西沙諸島(読み)シーシャーショトウ

デジタル大辞泉の解説

シーシャー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【西沙諸島】

せいさしょとう(西沙諸島)

せいさ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【西沙諸島】

南シナ海、海南島南東にあるサンゴ礁島々。漁業基地、グアノの産地。中国・ベトナムなどが領有権を主張している。西沙群島。シーシャー諸島。パラセル諸島。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西沙諸島

南シナ海上の数十の小群島から成り、中国、ベトナム、台湾の3カ国・地域が領有権を主張している。「西沙」は中国名で、ベトナム名は「ホアンサ」、英語名は「パラセル」。ベトナム戦争末期に中国が全域を実効支配し、行政区や軍の警備区を設定、滑走路を造成した。2014年に中国が近海で石油掘削に着手するとベトナムは強く反発し、双方の船が衝突したほか、大規模な反中国デモが起きて死傷者も出た。

(2016-01-31 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西沙諸島の関連情報