西沙群島(読み)せいさぐんとう

百科事典マイペディアの解説

西沙群島【せいさぐんとう】

中国,大陸南方洋上のサンゴ礁群で,海南島南東330kmにある。パラセル群島ともいう。宣徳,永楽の2群島に大別され,合計15の比較的大きな島があり,標高15mが最高所である。全島鳥糞が堆積したグアノに厚くおおわれている。付近は南方の重要漁場の一つで,サンゴ,タイマイ,ナマコ,海藻などを特産。西沙群島の南東に中沙群島があり,全部海面下のサンゴ礁である。なお,西沙群島についてはベトナムも領有権を主張している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいさぐんとう【西沙群島 Xī shā qún dǎo】

中国,広東省に属し,海南島の南東約330kmにあり,南海諸島中の四大群島の一つ。英語でパラセル群島Paracel Islands。宣徳・永楽両群島とその他の大小の島々から成る。おもなものに永興島,趙述島,珊瑚島,甘泉島,中建島,東島があり,永興島が最大であるが面積は数km2にすぎない。多くはサンゴ島やサンゴ礁で,高さも10m前後。全島鳥糞が堆積したグアノに厚くおおわれる。水産資源に富み,漁期には海南島,湛江付近の漁船が操業する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいさぐんとう【西沙群島】

南シナ海の西部にある珊瑚さんご礁の島々。グアノを産する。中国・フィリピン・ベトナムが領有権を主張している。別名、パラセル群島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいさ‐ぐんとう ‥グンタウ【西沙群島】

南シナ海の北西部にある小島群。中国、広東省に所属し、海南島の南東方約三三〇キロメートルにある。サンゴ礁が発達。古くから航海者の目標として知られ、和五島に灯台がある。グアノ、アワビ海藻類の産地として有名。パラセル諸島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android