西洋松露(読み)セイヨウショウロ

デジタル大辞泉の解説

せいよう‐しょうろ〔セイヤウ‐〕【西洋松露】

子嚢菌(しのうきん)類のセイヨウショウロ科のキノコ。ヨーロッパブナなどの林の地中に生える。クルミ大からこぶし大になるものまであり、塊状芳香があり、高級料理に用いる。ヨーロッパでは犬などを使って採集。栽培はむずかしい。トリュフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいよう‐しょうろ セイヤウ‥【西洋松露】

〘名〙 子嚢菌類セイヨウショウロ科チュベル属のきのこ。西ヨーロッパの落葉広葉樹林内に生える。浅い地下に生じ、球形に近い塊状で食用になることなどが担子菌類のショウロに似ている。径三~一〇センチメートル。表面は暗褐色で不規則な網目状に溝があり、内部ははじめ淡黄色からのち赤褐色となり、迷路状の白線模様がある。芳香があり、トリュフ(フランス)、トラッフル(英)の名で食用として珍重される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android