西田信春(読み)にしだ のぶはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西田信春 にしだ-のぶはる

1903-1933 昭和時代前期の社会運動家。
明治36年1月12日生まれ。東京帝大在学中は新人会で活動。昭和2年卒業後,全日本鉄道従業員組合本部書記となり,東京の各支部を指導。同年共産党に入党し,翌年無産者新聞」の編集部にはいる。九州各県の党再建の責任者として活動中に検挙され,昭和8年2月11日福岡署で虐殺された。31歳。北海道出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android