コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無産者新聞 むさんしゃしんぶん

6件 の用語解説(無産者新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無産者新聞
むさんしゃしんぶん

日本共産党最初の合法的大衆機関紙。 1925年9月 20日佐野学,野坂参三渡辺政之輔らを編集メンバーとして創刊。初め半月刊,翌年1月からは週刊,さらに 27年9月からは月6回刊となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むさんしゃ‐しんぶん【無産者新聞】

大正14年(1925)創刊の日本共産党の合法機関紙。佐野学渡辺政之輔らが参加。相次ぐ弾圧で昭和7年(1932)廃刊、「赤旗(せっき)」に統合された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無産者新聞【むさんしゃしんぶん】

大正末期から昭和初期にかけての日本共産党機関紙。1925年創刊。初め月2回,のち週刊。佐野学野坂参三らが編集。1929年四・一六事件後廃刊(通巻238号)。同年《第二無産者新聞》を発行したが,1932年に廃刊(通巻96号)。
→関連項目柳瀬正夢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むさんしゃしんぶん【無産者新聞】

戦前日本共産党の合法機関紙。1924年解党した日本共産党の再組織運動の過程で結成された〈コミュニストグループ〉によって,25年9月20日創刊された(週刊)。創刊当初は大衆的な政治新聞であることが強調されたが,まもなく日本共産党の合法紙としての性格が強められ,《赤旗》発行(1928年2月)に先だち唯一の党機関紙としての役割を果たした。主筆の佐野学のほか徳田球一市川正一らが編集の中心となり,議会解散請願運動,五法律獲得運動,中国革命への干渉反対などの大衆運動の指導や,労働農民党門戸開放要求などの無産政党運動の指導に大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むさんしゃしんぶん【無産者新聞】

第二次大戦前の日本共産党の合法的機関紙。1925年(大正14)9月創刊。中国革命への干渉反対などを掲げ、労働運動・農民運動の指導に大きな役割を果たしたが、たびたび発禁処分を受け、32年(昭和7)廃刊、「赤旗せつき」に統合された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無産者新聞
むさんしゃしんぶん

大正末期から昭和初期に東京で発行された共産党の合法的機関紙。1925年(大正14)9月20日、月2回刊で創刊、翌年1月から週刊、27年(昭和2)9月から月6回刊となる。発刊の辞には「全国無産階級の政治新聞たらん、大衆の日常闘争の武器たらん、無産階級前衛の結合促進の任務の遂行を期す」のスローガンを掲げ、佐野学(まなぶ)を主筆に、渡辺政之輔(まさのすけ)、北浦千太郎(せんたろう)、野坂参三、志賀義雄(よしお)、関根悦郎らが参加し、2~3万部を発行している。しかし当局の弾圧が激しく、三・一五事件(1928)以後は、ほとんど毎号禁止処分を受けたため、29年(昭和4)8月20日第238号で廃刊した。9月9日ふたたび『第二無産者新聞』を創刊したが、これもほとんど禁止処分を受けたため、12月からは非合法で発行を続け、31年末には一時、中央機関紙の役割も果たしたが、32年3月31日、第96号で『赤旗(せっき)』(後の『赤旗(あかはた)』)に統合、廃刊となった。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の無産者新聞の言及

【柳瀬正夢】より

…ドイツの漫画家G.グロッスの影響をうけ,プロレタリア美術運動に深く傾斜,25年日本プロレタリア文芸連盟および漫画連盟に参加した。同年創刊の《無産者新聞》に独特の鋭い筆致で政治漫画を描いた活動はプロレタリア美術史上特筆される。31年共産党に入党し《赤旗》部門で活動したが,32年検挙され1年後釈放された。…

※「無産者新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無産者新聞の関連キーワード赤旗ウニタニャンザン無産政党しんぶん赤旗ローテ・ファーネ日本共産党第6回全国協議会《日本共産党闘争小史》日本共産党労働者派《日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無産者新聞の関連情報