西谷さく(読み)にしたに・さく

朝日日本歴史人物事典の解説

西谷さく

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天保13.2(1842)
江戸後期,『さく女日記』の筆者。河内古市村(羽曳野市)生まれ。平右衛門とあいの長女。18世紀後半,急成長した在郷商人であり所持高90石の地主でもあった西谷家は,当時両親とさくと妹の4人家族で,父が病臥したため,塩,肥料,雑穀などを扱うことから,小作に出した土地管理のことまでさくの肩にかかった。こうした家業への着手が日記執筆の背景となっている。<著作>「さく女日記」(『羽曳野市史』5巻)

(菅野則子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android