コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在郷商人 ざいごうしょうにん

4件 の用語解説(在郷商人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在郷商人
ざいごうしょうにん

江戸時代,農村に生れ農民身分のまま商業活動を手広く営むようになった商人層をいう。この時代には,商工業者は都市に集中し,農民と商工業者とは身分的にも分けられ,都市の問屋株仲間が農民市場を独占していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

在郷商人【ざいごうしょうにん】

江戸時代,都市商人に対して農村商人をいう。江戸時代には商業は原則として町人の独占であったが中期以降の商品経済の発展によって農村にも商品生産が興り,城下町商人に対抗して農民の中から商品流通に従事する者が続出した。
→関連項目在郷町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいごうしょうにん【在郷商人】

近世中期以降,主としてその地方の特産物を取り扱うことで成長した非特権的な農村の商人。在方(ざいかた)商人ともいう。農村に商品生産が広まると,その生産物を買い集めて都市に売り込む農民が現れたが,このような農民の中で比較的規模の大きい商業を営んだものが在郷商人である。在郷商人には,農民から生産物を買い取るとともに,農民に肥料を売っていたものが多い。主要な生産物を買い取り,その生産物を作るのに必要な肥料を売っていたので,その地方の生産のかなめを握っていたといってよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在郷商人
ざいごうしょうにん

近世中期以降、主としてその地方の特産物を取り扱うことで成長した非特権的な農村の商人。在方(ざいかた)商人ともいう。農村に商品生産が広まるとその生産物を買い集めて都市に売り込む農民が現れたが、このような農民のなかで比較的規模の大きな商業を営んだものが在郷商人である。在郷商人には、農民から生産物を買い取るとともに、その生産に必要な肥料を都市から買い入れて農民に売る肥料商を営んだものが多い。主要な生産物を買い取り、その商品を生産するに必要な肥料を売ることで、その地域の生産のかなめを握っていたといってよい。農民との取引には前貸し的方法をとることが多く、こうした点でも生産者を支配することができた。在郷商人はこのような商業のあり方から高利貸を営むことも多く、なかには十数か村、数十人の送り質屋の元質屋となったものもある。また、その地方に発展してきた製粉や機業などの手工業を営んだものもあり、こうした手工業経営に、水車を取り入れ、賃労働者を使用してマニュファクチュア経営に進むものもあった。こうした多面的な経営を営むものであったが、農業に基礎を置いている点ではどこまでも農民であった。質地として土地を集め、これを小作に出して質地地主としても成長し、商人・手工業者・高利貸・質地地主として、その地方に支配的な力をもっていた。こうした点で在郷商人は豪農であった。在郷商人は豪農の商人的側面ともいえる。解体期の幕藩権力は、このような在郷商人のもつ力を支配の末端組織に組み込んだ。関東で組合村の寄場名主(よせばなぬし)や惣代(そうだい)名主になったものの多くは、このような在郷商人であり、幕府が農兵を設置するときに多額の寄付金を出して、その政策を推し進めたものにも、かかる在郷商人が多かった。
 在郷商人が特産物を都市に売り込むにあたって、既成の流通ルートとは異なった新しいルートを開くことがあった。この場合、既成の商業組織・交通組織に頼る都市の問屋や交通業者とは利害が対立し、彼らと争って新しい組織をつくっていったものもあった。しかしなかには、都市の問屋から資本の供与を受けて既成の組織の下で都市の問屋に従属し、その出先機関化するものもあった。一方、農民に対しては、経済的にこれを支配することで抵抗を受け、打毀(うちこわし)の対象となったものもある。[伊藤好一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の在郷商人の言及

【作間稼】より

…関東での初見は1766年(明和3)相模国足柄上郡金井島村の商人書上帳(《神奈川県史》資料編5)で,この時期以降,農間余業調査が繰り返し行われた。1805年(文化2)関東一円の治安強化をねらって設置された関東取締出役のもとでは,無宿,悪党の追捕とともに農間余業渡世人,在郷商人の掌握を重視し,農間余業調査を実施し,新規の余業渡世人の増加を規制して村落秩序の動揺を防止しようとした。とくに文政改革以後,代官の手付・手代が関東取締出役として組合村を回村し,農間余業調査を再三実施した。…

※「在郷商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

在郷商人の関連情報