羽曳野市(読み)はびきの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽曳野〔市〕
はびきの

大阪府南東部,大和川支流の石川流域の市。 1956年古市町,高鷲町,西浦村,埴生村,駒ヶ谷村,丹比村 (たんぴむら) が合体して南大阪町が成立。 1959年市制,羽曳野市に改称。羽曳野丘陵と石川の河谷平野を占める。中心市街地の古市竹ノ内街道と東高野街道 (→高野街道 ) の交差地点に発達。大正末期から大阪鉄道沿線が宅地開発され,第2次世界大戦後は西の羽曳野丘陵にも及び,大阪市の住宅衛星都市になった。農村部ではブドウ,イチジクなどの果樹栽培のほかワインの醸造も行なわれる。古墳文化の一中心地で,応神天皇陵をはじめとする多くの古墳は古市誉田古墳群として知られ,国の史跡に指定されている。野中寺,西琳寺,誉田八幡宮 (国宝を所蔵) などの古社寺がある。東部山麓は金剛生駒紀泉国定公園に属する。国道 166号線,170号線,近畿日本鉄道南大阪線が通じ,古市で長野線が分岐する。面積 26.45km2。人口 11万2683(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羽曳野市の関連情報