コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西近江路 にしおうみじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西近江路
にしおうみじ

滋賀県琵琶湖西岸を南北に通る古代の北陸道。栃ノ木峠越の東近江路に対する名。現国道 161号線にほぼ相当。京都から大津,高島市海津を経て福井県敦賀市にいたる。敦賀から海津までを七里半越または七里半街道とも呼び,江戸時代は海津,今津,坂本など7宿が置かれた。今津から若狭街道 (現国道 303号線) が分岐する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の西近江路の言及

【七里半越】より

…琵琶湖北岸の海津(滋賀県高島郡マキノ町)から路原(ちはら)を経て県境を越え越前(福井県)敦賀津に至る西近江路は,道程約7里半あるというので古来七里半越と呼ばれる。古代三関の一つである愛発関(あらちのせき)は,このルートに沿って(県境の福井側)いるので,この路は〈愛発越〉ともいう。…

※「西近江路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西近江路の関連キーワード海津(滋賀県の地名)マキノ[町]安曇川[町]敦賀(市)今庄[町]北陸街道野坂山地マキノ北国路松の花今庄高島堅田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西近江路の関連情報