コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭街道 わかさかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

若狭街道
わかさかいどう

滋賀県の琵琶湖西岸にある高島市と福井県の小浜市を結ぶ街道。九里半街道ともいう。古代京畿地方の文化は琵琶湖の水運とこの道を経由して若狭に伝えられた。現在,国道 303号線が通る。県境近くにある福井県若狭町熊川は口留番所が置かれた地で,典型的な宿場町の姿をいまに残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

わかさかいどう【若狭街道】

滋賀県高島市今津町から保坂を経て福井県小浜市に至る街道。中世以降、京都から北陸・山陰を結ぶ要路。九里半越え。ほかに、京都から大原・朽木を経、保坂で九里半越えに合する街道(鯖街道)にもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の若狭街道の言及

【九里半街道】より

…琵琶湖北岸西側の今津港と福井県(若狭国)小浜港を結ぶ中世の商業交通路。若狭街道ともいう。今津から石田川沿いに保坂へ,そこから水坂峠を越え杉山から北川上流に出て県境を越え熊川に,さらに北川沿いに下って日笠から小浜市に入る。…

【高野川】より

…上流を大原川,中流を八瀬川とも呼ぶ。高野川の河谷には,京都から大原を経て途中峠を越え,近江朽木に抜けて若狭に至る若狭街道が通じ,古代から重要な交通路であった。山端には旅人相手の茶屋が並び,若狭から塩サバなど塩干物が多数運搬されたため,若狭街道は〈魚街道〉とも呼ばれたという。…

※「若狭街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

若狭街道の関連キーワード伝統的建造物群保存地区山ばな 平八茶屋熊川(福井県)大原(京都市)福井県小浜市北川(川)今津[町]南丹(市)美浜[町]上中[町]若狭(町)西近江路途中越鯖街道高野川花折峠水坂峠要路保坂上中

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若狭街道の関連情報