コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里半越 しちりはんごえ

百科事典マイペディアの解説

七里半越【しちりはんごえ】

琵琶湖北岸の海津(滋賀県高島市マキノ町)から国境を越えて越前敦賀(つるが)津に至る道。この路程は,西岸を北上する古代北陸道に沿う西近江路・北国海道とも称される道の一部で,古代から北陸道諸国の物資を受け入れ,舟運によって大津まで運ぶ幹道であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちりはんごえ【七里半越】

琵琶湖北岸の海津(滋賀県高島郡マキノ町)から路原(ちはら)を経て県境を越え越前(福井県)敦賀津に至る西近江路は,道程約7里半あるというので古来七里半越と呼ばれる。古代三関の一つである愛発関(あらちのせき)は,このルートに沿って(県境の福井側)いるので,この路は〈愛発越〉ともいう。このルートは若狭・越前以北の日本海岸諸国と京師を結ぶ〈北陸道〉の一部で,律令時代から,北国ならびに山陰の物資はまず敦賀に集められ,この西近江路(七里半越)と,途中から深坂越えをして塩津に至るルートとによって,海津や塩津に運ばれ,そこから湖上舟運で大津~京都に輸送される定めであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七里半越
しちりはんごえ

西近江路」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

七里半越の関連キーワード敦賀(市)敦賀[市]大津[市]九里半街道西廻海運愛発山愛発

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android