コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里半越 しちりはんごえ

3件 の用語解説(七里半越の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

七里半越【しちりはんごえ】

琵琶湖北岸の海津滋賀県高島市マキノ町)から国境を越えて越前敦賀(つるが)津に至る道。この路程は,西岸を北上する古代の北陸道に沿う西近江路・北国海道とも称される道の一部で,古代から北陸道諸国の物資を受け入れ,舟運によって大津まで運ぶ幹道であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しちりはんごえ【七里半越】

琵琶湖北岸の海津(滋賀県高島郡マキノ町)から路原(ちはら)を経て県境を越え越前(福井県)敦賀津に至る西近江路は,道程約7里半あるというので古来七里半越呼ばれる。古代三関の一つである愛発関(あらちのせき)は,このルートに沿って(県境の福井側)いるので,この路は〈愛発越〉ともいう。このルートは若狭・越前以北の日本海岸諸国と京師を結ぶ〈北陸道〉の一部で,律令時代から,北国ならびに山陰の物資はまず敦賀に集められ,この西近江路(七里半越)と,途中から深坂越えをして塩津に至るルートとによって,海津や塩津に運ばれ,そこから湖上舟運で大津~京都に輸送される定めであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七里半越
しちりはんごえ

西近江路」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七里半越の関連キーワード海津マキノ〈町〉滋賀県高島市マキノ町浦滋賀県高島市マキノ町海津滋賀県高島市マキノ町沢滋賀県高島市マキノ町下滋賀県高島市マキノ町白谷滋賀県高島市マキノ町辻滋賀県高島市マキノ町蛭口滋賀県高島市マキノ町牧野

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone