コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見張り ミハリ

デジタル大辞泉の解説

み‐はり【見張り】

見張ること。目を配ってをすること。また、その人。「見張りを立てる」「見張り番」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

見張り

竹内泰宏の小説。1963年、第2回文藝賞中・短編部門佳作受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

見張りの関連キーワードサーベイランスウオッチャーオンブズマンルックアウト立ち番・立番目を光らすスポッター堅守自盗竹内泰宏口留番所火の見番目を潜るピケットウオッチ番小屋見集め監視哨野守船檣立番

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見張りの関連情報