コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ばん

6件 の用語解説(番の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ばん

交代して勤務すること。平安時代中期頃から荘民が皇室や摂関家に仕え,順番で寺家の警備にあたったのに始る。その長を番頭という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばん【番】

[名]
順送りに入れ替わって事に当たること。順番。「話すが来る」「診察を受けるを取る」
注意して見張ること。また、その役。番人。「荷物のをする」「寝ずの」「店
ある分野や特定の個人を取材などの対象として受け持つこと。「首相の記者」「福田」→番記者
物合わせなどで、勝負を争う組。
「宮川歌合と名づけて、これも同じ―につがひて」〈著聞集・五〉
《番号を付けて多数備えておくものの意から》名詞の上に付いて複合語をつくり、当番の人の用いるもの、また粗末なものの意を表す。「傘」「茶」「槍(やり)」
[接尾]助数詞。
多くあるものの順序・等級などを表すのに用いる。「成績は一だ」「二目」「三手」
取り組み・組み合わせ・勝負などを数えるのに用いる。「結びの一」「六百歌合」「三勝負」
能・狂言などの曲数を数えるのに用いる。「謡曲二百集」

ばん【番】[漢字項目]

[音]バン(慣) [訓]つがい つがう
学習漢字]2年
交代に事を行うこと。「勤番週番順番上番先番当番非番輪番
順序や回数を示す語。「番外番号
番号。「番地局番欠番連番
見張り。「番犬番人番兵交番門番玄関番不寝番留守番
日常の。実用の。粗末な。「番茶
[名のり]つぎ・つぐ・つら・ふさ
[難読]三番叟(さんばそう)蝶番(ちょうつがい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ばん【番】

交代して行われる勤務,およびそのために編成された集団。番制度は早番・遅番,昼番・夜番などのように,その勤務が時間的に1人の労働を超える職務分野で広く採用され,現代社会でも工場労働などでみられる(交替制)。特にその勤務労働に伴う報酬が勤務者の生計を支える主要な源泉ではないような社会条件のもとでは一般的な制度であり,前近代社会では番は普遍的な労働編成の一様式であった。その根底には職務を身分の一標識とみる思想と同一職能身分に属する者の平等思想とがあり,しばしば相互の負担を均等化しようとし,あるいはその勤務の永続に伴う権力集中などの弊害を避けようとする意識が認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つがい【番】

〔動詞「番つがう」の連用形から〕
[0] ( 名 )
二つのものが組になっていること。また、そのもの。一対いつつい。対つい
動物の雌雄の一対。 「 -のおしどり」
関節。 「普通なみよりは長い手足の-が/うづまき
機会。 「 -ミテ申ソウズ/日葡」
( 接尾 )
助数詞。数を表す和語に付いて、組になっているものを数えるのに用いる。 「二ふた-の十姉妹じゆうしまつ

ばん【番】

[1] ( 名 )
かわるがわる事を行う場合の順序。 「今度は君の-だ」 「掃除の-に当たる」
見張りをすること。番人。 「店の-をする」
順番によって行う勤め。当番。特に宿直のことをいう。 「おのが-に当りて、いささかなる事もあらせじ/源氏 浮舟
名詞の上に付いて複合語をつくり、常用のもの、あるいは粗末なものの意を表す。当番の人の用いる物の意からの転。 「 -茶」 「 -傘」
( 接尾 )
助数詞。
順序・等級・番号などを表すのに用いる。 「一-」 「一丁目三-」
勝負の数を表すのに用いる。 「三-とも勝つ」 「七十一-職人歌合」
能狂言の曲数を表すのに用いる。 「狂言をたてつづけに三-見る」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【番頭】より

…畿内周辺の紀伊,近江,加賀,能登などに多くみられる。荘園領主に対する月次(つきなみ)の公事(くじ)(夫役(ぶやく)や綿,絹,酒などの雑公事(ぞうくじ))を勤めるために,荘園の下地(したじ)は幾つかのに編成されており,その番が公事をかけられる単位となっていた。このため荘園内の番の数は12ヵ月に割り振ることができるよう6の倍数になっているものが多い。…

※「番」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

番の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

番の関連情報