コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張(り)込み ハリコミ

デジタル大辞泉の解説

はり‐こみ【張(り)込み】

(「貼り込み」とも書く)台紙などにはりつけること。また、そのもの。
ある場所に待機して見張ること。「張り込みの刑事」
一つの事に力を入れること。また、思い切って金を使うこと。
高圧的な言い方で人をやりこめること。また、その文句。
「たまたま親達が異見すると、大声をあげて―をくはせ」〈鳩翁道話・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

張込み

1958年公開の日本映画。松本清張の同名短編小説の映画化。監督:野村芳太郎、原作:松本清張、脚色:橋本忍、撮影:井上晴二。出演:大木実高千穂ひづる宮口精二高峰秀子田村高廣藤原釜足、松本克平ほか。第13回毎日映画コンクール脚本賞、第9回ブルーリボン賞脚本賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

張(り)込みの関連キーワード政治警察狭山事件転写平版大木 実逆探知

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android