見捨地(読み)みすてち

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代,公租公課のすべてを免除されていた土地のうち,朱印地除地(じよち)以外のもの。見捨場ともいい,検地の対象から除外された。墓所,死牛馬捨場,火葬場などは〈穢れ物なれバ,地頭ヘ納むべきことにあらず〉(《地方凡例録》)とされて検地帳への記載が忌まれ,検地に際しては竿入れが行われず,縄外におかれて見捨地とされた。このほかにも道,川,などには,縄外の見捨地にされたものがあった。これらは初期の検地帳には記載されていなかったが,のちには〈見捨〉〈竿外〉などとして検地帳外書に記載されるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android