コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見捨地 みすてち

世界大百科事典 第2版の解説

みすてち【見捨地】

江戸時代,公租公課のすべてを免除されていた土地のうち,朱印地除地(じよち)以外のもの。見捨場ともいい,検地の対象から除外された。墓所,死牛馬捨場,火葬場などは〈穢れ物なれバ,地頭ヘ納むべきことにあらず〉(《地方凡例録》)とされて検地帳への記載が忌まれ,検地に際しては竿入れが行われず,縄外におかれて見捨地とされた。このほかにも道,川,堤,溝などには,縄外の見捨地にされたものがあった。これらは初期の検地帳には記載されていなかったが,のちには〈見捨〉〈竿外〉などとして検地帳外書に記載されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

見捨地の関連キーワード間田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android