高内引(読み)たかうちびき

世界大百科事典 第2版の解説

たかうちびき【高内引】

江戸時代,田畑災害によって荒廃したり,道やに地目が変更されるなど,年貢免除または軽減すべき事情が生じた場合,その分を引高として村高の内から控除することをいう。高内引には年々引連々引一作引の3種がある。年々引は,なんらかの必要があって人為的に地目変更がなされた土地など,もとに戻る見込みがない場合に適用され,永引高として恒常化されるものである。郷蔵屋敷引,田畑成引,堤敷引,溜井敷引,道代引など多くの種類がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たかうち‐びき【高内引】

〘名〙 天災または種々の事情により年貢納入が不可能の地の高を村高から引いて年貢を軽減すること。徴租不能の状況により、一作引(当引)、年年引、連連引の三種類があった。「たかうちびけ」とも。
※財政経済史料‐八・官制・勘定所職制雑・延享二年(1745)九月「一、溜井、堀敷〈略〉土取場等之洪地高高内引、右同断」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android