コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高内引 たかうちびき

1件 の用語解説(高内引の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかうちびき【高内引】

江戸時代,田畑が災害によって荒廃したり,道や堤に地目が変更されるなど,年貢を免除または軽減すべき事情が生じた場合,その分を引高として村高の内から控除することをいう。高内引には年々引,連々引,一作引の3種がある。年々引は,なんらかの必要があって人為的に地目変更がなされた土地など,もとに戻る見込みがない場合に適用され,永引高として恒常化されるものである。郷蔵屋敷引,田畑成引,堤敷引,溜井敷引,道代引など多くの種類がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高内引の関連キーワード極楽寺災害斗代農業災害補償制度不堪佃田代助郷被害地災害保障特約災害損失09年夏の豪雨災害

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone