見料(読み)けんりょう

精選版 日本国語大辞典「見料」の解説

けん‐りょう ‥レウ【見料】

〘名〙
① 貸本を借りたり、見世物を見物したりする時などに支払う金。
※俳諧・誹讔三十棒(1771)「これは見料(ケンリャウ)丈遅かった」
※朱雀日記(1912)〈谷崎潤一郎〉島原「尤も太夫も買はずに、相当の見料でお座敷だけの拝観も」
② 人相、手相などを見てもらうのに払う料金。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「あたるも八卦、あたらぬも八卦、どっちゃでも見料は十六銅ヅツ申うくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「見料」の解説

けん‐りょう〔‐レウ〕【見料】

何かを見るための料金。芝居見物をするときなどに払う料金。見物料。
人相手相などを見てもらったときに払う料金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android