コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見置く ミオク

デジタル大辞泉の解説

み‐お・く【見置く】

[動カ四]
ようすなどを前もって見ておく。見定めておく。
「少納言をはかばかしきものに―・き給へれば」〈・須磨〉
あとの方策を立てておく。
「後ろやすく、―・きたてまつりてのち」〈狭衣・四〉
見たままでそのままにする。
「さる君を―・き奉りてこそえ行くまじけれ」〈・二四〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みおく【見置く】

( 動四 )
あとを見届ける。最後まで見る。 「末に生まれ給ひて、心苦しう、おとなしうもえ-・かぬ事と、院のおぼしのたまひしを/源氏 匂宮
前もって策を立てておく。 「娘どもあるべきさまに-・きて下りなむとす/源氏 蓬生
見捨てておく。 「草枕旅寝の程もいかならん宿と-・きし常夏の花/続後拾遺 羇旅

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

見置くの関連キーワード少納言源氏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android