コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

し【視】

[語素]名詞の下に付いて、…と見なす、…として取り扱う、の意を表す。「ライバル」「重要」「同一

し【視】[漢字項目]

[音](漢) [訓]みる
学習漢字]6年
注意して見る。見る。「視界視覚視察視野視聴者可視監視凝視検視正視注視透視黙視
見なす。そのように扱う。「軽視重視敵視無視
見る力。視力。「遠視近視弱視乱視
[名のり]み・よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

し【視】

名詞の下に付けて、…と考える、…とみなす意を表す。 「重大-」 「問題-」 「困難-する」 「白眼-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

視の関連キーワードパリノー‐フォンクリースの法則狭帯域光観察内視鏡システムジロー‐チューロンの法則エピドラスコピーカルジオスコープポリペクトミーヘリオメーター硬膜外腔内視鏡スコポフィリーESD(医学)エンドスコープデマレの法則内視鏡の日レチナール視交叉前野視交叉前域ホロプターロドプシンオプシン窃視障害

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視の関連情報