コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

し【視】

[語素]名詞の下に付いて、…と見なす、…として取り扱う、の意を表す。「ライバル」「重要」「同一

し【視】[漢字項目]

[音](漢) [訓]みる
学習漢字]6年
注意して見る。見る。「視界視覚視察視野視聴者可視監視凝視検視正視注視透視黙視
見なす。そのように扱う。「軽視重視敵視無視
見る力。視力。「遠視近視弱視乱視
[名のり]み・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

し【視】

名詞の下に付けて、…と考える、…とみなす意を表す。 「重大-」 「問題-」 「困難-する」 「白眼-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視の関連キーワードパリノー‐フォンクリースの法則狭帯域光観察内視鏡システムジロー‐チューロンの法則エンドスコープスコポフィリア硬膜外腔内視鏡デマレの法則標準比視感度内視鏡の日ホロプターレチナールロドプシン視能訓練士視交叉前域位置天文学ERS視交叉前野アリダード視感度曲線経鼻内視鏡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

視の関連情報