(読み)シ

デジタル大辞泉の解説

し【視】

[語素]名詞の下に付いて、…と見なす、…として取り扱う、の意を表す。「ライバル」「重要」「同一

し【視】[漢字項目]

[音](漢) [訓]みる
学習漢字]6年
注意して見る。見る。「視界視覚視察視野視聴者可視監視凝視検視正視注視透視黙視
見なす。そのように扱う。「軽視重視敵視無視
見る力。視力。「遠視近視弱視乱視
[名のり]み・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し【視】

[1] 〘名〙 気をつけてよく見ること。
[2] 〘語素〙 …とみなす、…と取り扱うの意。ふつう、漢語名詞に付く。「英雄視」「疑問視」「度外視」など。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六〇「禽獣の行ひあれば則ち禽獣視(シ)せざるを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android