コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視野計(読み)しやけい

百科事典マイペディアの解説

視野計【しやけい】

視野を計測する計器視野欠損などの視野の異常を検査する。周辺視野の測定にはフェルスター視野計およびその各種改良型が用いられる。凹半球面または半円弓に目盛を施したもので,被検眼に中心の目標を注視させ,白または色視標を弧に沿って移動させ,見うる範囲を測定する。中心部視野の精密検査のために用いられる平面視野計は,球面の目盛を平面に投射したもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android