コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚信 かくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚信 かくしん

1065-1121 平安時代後期の僧。
治暦(じりゃく)元年生まれ。藤原師実の子。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺の頼信について出家し,法相・唯識(ゆいしき)をまなぶ。一乗院主となり,康和2年興福寺別当となる。永久4年南都僧としては行基以来の大僧正に任じられた。保安2年5月8日死去。57歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚信の関連キーワード治暦アルフォンソ(6世)一乗院源俊房方臘成田空港の閣議決定と基本計画康平治暦新猿楽記福本豊

覚信の関連情報