コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚信 かくしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚信 かくしん

1065-1121 平安時代後期の僧。
治暦(じりゃく)元年生まれ。藤原師実の子。法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)興福寺の頼信について出家し,法相・唯識(ゆいしき)をまなぶ。一乗院主となり,康和2年興福寺別当となる。永久4年南都僧としては行基以来の大僧正に任じられた。保安2年5月8日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚信の関連キーワードエダヅノレイヨウマーカービーコン今御前の母力覚センサ親鸞(僧)真光院尊海覚恵(1)西本願寺鷲尾教導浄土真宗二条良基船舶通信覚如上人大谷本廟今御前母如信上人恵信尼立石寺覚信尼航海灯

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android