コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康平 コウヘイ

大辞林 第三版の解説

こうへい【康平】

年号(1058.8.29~1065.8.2)。天喜の後、治暦の前。後冷泉ごれいぜい天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうへい【康平】

日本の元号(年号)。平安時代の1058年から1065年まで、後冷泉(ごれいぜい)天皇の代の元号。前元号は天喜(てんぎ)。次元号は治暦(じりゃく)。1058年(天喜6)8月29日改元。御所の大極殿と法成(ほうじょう)寺が相次いで火災に見舞われたことから行われた(災異改元)。『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。1062年(康平5)、陸奥守源頼義(よりよし)は、厨川柵(くりやがわのさく)で安倍貞任(さだとう)を討ち取り、前九年の役が終わった。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

康平の関連キーワードBRIDGE~あの橋をわたるときFLY 航空学園グラフィティ熊本県山鹿市鹿央町霜野忍風戦隊ハリケンジャータイポグラフィーノーライフキングヘンドリックスお・ばんざい!伽や子のために島原の子守唄心中天の網島『更級日記』覚助(1)安倍則任妻鶴岡八幡宮五十嵐康平藤原頼宗新猿楽記本朝文粋稲垣足穂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康平の関連情報