コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚城 かくじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚城 かくじょう

1685-1754 江戸時代中期の僧。
貞享(じょうきょう)2年生まれ。高野山真別所円通寺で真言をまなぶ。のち陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の浄土宗の無能に師事し,その法をつぐ。和泉(いずみ)(大阪府)小松谷で念仏につとめた。宝暦4年4月29日死去。70歳。号は忍誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚城の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ケンチャールズチャールズゲオルグ教会八橋検校逢春門院コルベール(Jean-Baptiste Colbert)定高貿易法スチュアート朝

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone