コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚憲 かくけん

2件 の用語解説(覚憲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚憲 かくけん

1131-1213* 平安後期-鎌倉時代の僧。
天承元年生まれ。藤原通憲(みちのり)の5男。興福寺にはいり,蔵俊にしたがい出家,唯識,法相(ほっそう)をまなぶ。のち興福寺の別当となり,焼失した同寺の再興に力をつくす。建久6年(1195)東大寺大仏殿落慶供養の導師をつとめた。壺坂僧正とよばれた。建暦(けんりゃく)2年12月17日死去。82歳。著作に「因明抄」「三国通鈔」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

覚憲

没年:建暦2.12(1212)
生年:天承1(1131)
鎌倉初期の興福寺の学僧。晩年,壺坂寺に居住したので壺坂僧正とも呼ばれる。父は藤原通憲。兄に唱導の大家澄 憲,高野山明 遍,甥に笠置寺貞慶など当時の仏教界の枢要を占める高僧が揃っている。幼くして法相宗の碩学蔵俊の教えを受け唯識学を修めた。養和1(1181)年,興福寺権別当に任ぜられて前年に平重衡の焼き討ちで焼失した寺の再興に努めた。南都仏教界での衆望は厚く,建久1(1190)年,権僧正に任ぜられ,同6年の東大寺大仏殿供養会には導師を勤めている。『因明鈔』5巻の教学書のほか,仏教史書『三国通鈔』(『三国伝燈記』の誤伝か)が知られる。

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

覚憲の関連キーワード建暦トヨペットSAのサスペンショントヨタ2000GTのブレーキトヨタクラウンオートドライブ天承横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone