コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚済 かくぜい

1件 の用語解説(覚済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚済 かくぜい

1227-1303 鎌倉時代の僧。
安貞元年生まれ。中山兼季(かねすえ)の子。真言宗醍醐(だいご)寺の源運らに師事し,宝治(ほうじ)2年金剛王院の実賢から灌頂(かんじょう)をうけ,醍醐寺座主(ざす)となる。東寺長者をへて正応(しょうおう)6年座主に再任された。金剛王院流の一派山本流の祖。乾元(けんげん)2年1月22日死去。77歳。通称は山本僧正,峰僧正。法名は別に真源。著作に「秘鈔口決」「用心鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚済の関連キーワード普勧坐禅儀安貞奥入覚昭最源山叟慧雲勢田掃部助澄禅(1)源雅言霊峰慧剣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone