コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚済 かくぜい

1件 の用語解説(覚済の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚済 かくぜい

1227-1303 鎌倉時代の僧。
安貞元年生まれ。中山兼季(かねすえ)の子。真言宗醍醐(だいご)寺の源運らに師事し,宝治(ほうじ)2年金剛王院の実賢から灌頂(かんじょう)をうけ,醍醐寺座主(ざす)となる。東寺長者をへて正応(しょうおう)6年座主に再任された。金剛王院流の一派山本流の祖。乾元(けんげん)2年1月22日死去。77歳。通称は山本僧正,峰僧正。法名は別に真源。著作に「秘鈔口決」「用心鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚済の関連キーワードボニファチウスボニファティウス嘉元バトゥ成吉思汗安貞スマトラ沖大地震インド洋大津波嘉元乾元

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone