親指シフト(読み)おやゆびしふと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用の親指シフトキーボードも発売されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

親指シフト

キーボードで日本語をタイピングするときの入力方式で、かな入力の一種。1980年に富士通株式会社から販売されたワープロ専用機「OASYS」で初めて採用された。「親指キー」という独自のキーが配置された専用のキーボードを用い、親指キーと他の文字キーを同時に打鍵して、かなを入力する。一部のキーに2文字のかなが割り当てられているため、日本語関連のキーの数が47個存在するJIS(日本工業規格)かな配置に比べ、使用するキーは30個で済む。また、よく使われるかながキーボードの中心部に配置されているため、効率のよい日本語入力が可能となっている。パソコンの普及に伴ってJIS配列のキーボードによるローマ字入力が主流となったが、親指シフト入力を教える教室もあるなど、21世紀に入っても根強い支持がある。

(2018-9-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android