コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ字入力 ろーまじにゅうりょく

4件 の用語解説(ローマ字入力の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ローマ字入力

日本語の入力方法のひとつで、キー表面のアルファベット表記に従って、ローマ字で入力する。使用するキーの種類がかな入力よりも少ないため、タッチタイピングマスターしやすい。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ローマ字入力

日本語の読みをアルファベットの組み合わせで入力する方法です。「komatta」とタイプすれば「こまった」と表示されます。「じ」を「zi」と「ji」で入力できるなど、複数の組み合わせがある読みもあります。
⇨かな入力

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ローマじ‐にゅうりょく〔‐ニフリヨク〕【ローマ字入力】

Roman letter input》キーボードによる日本語入力の際、文字の子音と母音を組み合わせたローマ字で入力すること。キーボードに記されたかな文字で入力するかな入力に比べ、打鍵数は多いが、使用するキーの種類が少ない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ローマじにゅうりょく【ローマ字入力】

コンピューターのキーボード日本語を入力する方式のひとつ。キートップに記されたアルファベットに従い、ローマ字で入力すること。かな入力に比べると、打鍵数は多いが、使用するキーの種類は少ない。そのため習熟が容易で、広く用いられる。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローマ字入力の関連情報