コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親潮第1分枝 おやしおだいいちぶんしOyashio First Branch

海の事典の解説

親潮第1分枝

本州東方の混合水域に、親潮系の水が舌状に大きく南方に張り出して来ることが多い。このような舌状の冷水部を、沿岸側から数えて、親潮の第1分枝、第2分 枝と呼ぶ。第1分枝は、三陸沿岸沿いの津軽海流の沖側を南に張り出し、時には常磐沖から房総沖まで達する。これらの分枝内の水は、親潮水の性質をかなり保 持しているが、周辺の水との混合でかなりの変質を受けている。親潮分枝の消長は漁業や沿岸の気候に大きな影響を与える。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android