コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親潮第1分枝(読み)おやしおだいいちぶんし(英語表記)Oyashio First Branch

海の事典の解説

親潮第1分枝

本州東方の混合水域に、親潮系の水が舌状に大きく南方に張り出して来ることが多い。このような舌状の冷水部を、沿岸側から数えて、親潮の第1分枝、第2分 枝と呼ぶ。第1分枝は、三陸沿岸沿いの津軽海流の沖側を南に張り出し、時には常磐沖から房総沖まで達する。これらの分枝内の水は、親潮水の性質をかなり保 持しているが、周辺の水との混合でかなりの変質を受けている。親潮分枝の消長は漁業や沿岸の気候に大きな影響を与える。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android