親裁(読み)しんさい

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐さい【親裁】

〘名〙 天皇や国王などがみずから裁決を下すこと。特に、旧憲法の下では天皇の大権に関する政務を天皇みずから裁決したこと。
※各国の帝王及び臣人に告げ給へる国書‐明治元年(1868)一月一〇日「嚮者 将軍徳川慶喜請政権 制允之、内外政事親裁之

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android