コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大権 たいけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大権
たいけん

大日本帝国憲法上の用語。広義には,天皇が私的行為を行う場合は除き,国家行為を行う権限を包括的にみて,大権という。大日本帝国憲法 17条あるいは 31条にみられる用法である。狭義には,天皇が特定の事項について帝国議会参与なしに国家行為を行うことのできた権限を個別的にみていう。大日本帝国憲法が大権に属するものと定めていた事項すなわち大権事項は軍の統帥,条約の締結など 35の事項に及ぶ広範かつ強大なものであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいけん【大権】

大日本帝国憲法下において国法上天皇に属するとされていた権能。広義には統治権の全範囲で,立法権・司法権も含む(大日本帝国憲法17条)。狭義には議会の協賛を経ず,あるいは独立の機関に委任することなく,天皇が独裁する行為をいう。憲法が列記したもののみを狭義の大権事項とみるか,憲法の列記は例示であるとみるかについては争いがあったが,両説はそれぞれ,列記大権事項の行使に議会が参与することは排除されているとみる考え方,および,単に参与することは必要でないとされているとみる考え方と結びついていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいけん【大権】

旧憲法に定める天皇の権能の中で、帝国議会の参与を経ずに行使されるもの。広く、天皇の国土・国民に対する統治権をもさす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大権
たいけん

明治憲法下において天皇に属する権能をいう。皇室典範、皇室令が定める宮務(皇室)大権、憲法上の統帥(とうすい)大権、国務大権、慣習法上の祭祀(さいし)大権の別がある。宮務大権は、1885年(明治18)内閣制度が成立し、宮内省が内閣の外に置かれるようになってから、他の大権と明確に区別されるようになった。皇室の事務に関する大権で、もっぱら宮内大臣の輔弼(ほひつ)によって行われる。統帥大権とは統帥の事務(軍令事務)に関する大権で、軍令大権、帷幄(いあく)大権などともよばれる。憲法以前からの慣習法により国務大権とは厳格に区別されて、天皇自らが行うのを原則とした。「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」(大日本帝国憲法11条)と規定したのは、そのことを確認したものである。統帥の事務に関し勅許を仰ぐ場合は、内閣総理大臣を経ずに、直接、参謀総長、軍令部総長または陸・海軍大臣から奏上された。これを「帷幄上奏(いあくじょうそう)」といい、また国務大臣の輔弼が及ばないという原則を「統帥権の独立」といった。国務大権は広く国務に関する大権をいい、国務大臣の輔弼によって行われた。立法、議会の組織と開閉、官制と任官、軍の編成、外交、戒厳、栄典授与、恩赦に関する大権のほか非常大権などが含まれる。立法に関する大権事項のなかには、公共の安寧秩序を保持し臣民の幸福を増進するために法律から独立して発せられる独立命令(同憲法9条)、緊急の場合に法律にかわって発せられる緊急命令(勅令)があり(同憲法8条)、議会の干与を必要としなかった。そのため議会との関係において、天皇(政府)の権能を強くし議会の地位を弱めるのに役だった。[池田政章]

非常大権

非常大権とは、戦時または国家事変の際に臣民の権利の全部または一部を停止する権能をいうが(同憲法31条)、その内容は明確ではなく、実際には一度も発動されなかった。しかし、この制度の存在は、国民の権利も天皇(政府)の意思の下に認められたものにすぎないことを示している。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大権の関連キーワードエマージェンシーパワーディクタトル祭祀大権独立命令侍従武官諮詢機関大権命令コンスル非常大権行政大権栄典大権外交大権大本営握する副立法旧憲法栄誉権統帥権戒厳令編制権

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大権の関連情報