コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世喜之(3代) かんぜ よしゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世喜之(3代) かんぜ-よしゆき

1935- 昭和後期-平成時代の能楽師シテ方。
昭和10年6月2日生まれ。養父2代観世喜之にまなぶ。昭和16年「合浦(がっぽ)」で初舞台。50年日本能楽会会員。52年観世九皐会(きゅうこうかい)理事長。56年3代観世喜之を襲名。平成17年能楽の普及,能楽界発展につくした業績で芸術院賞。東京出身。前名は武雄。本名は観世敬祐(けいすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世喜之(3代)の関連キーワード昭和

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android