コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合浦 がっぽHapp'o

1件 の用語解説(合浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合浦
がっぽ
Happ'o

朝鮮,慶尚南道昌原郡マサン (馬山) 市の旧名。一名を還珠 (かんじゅ) という。新羅時代の初め骨浦県といったが,景徳王 (在位 742~765) 代に合浦と改められた。高麗時代の元宗 15 (1274) 年,忠烈王7 (81) 年元の日本遠征 (→元寇 ) の根拠地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

合浦の関連情報