観音竹(読み)カンノンチク

デジタル大辞泉の解説

かんのん‐ちく〔クワンオン‐〕【観音竹】

ヤシ科の常緑低木。枝を出さず、幹は古い葉鞘(ようしょう)の繊維でかたく包まれる。葉は手のひら状に四~八つに深く裂けていて、柄が長い。雌雄異株で、初夏、淡黄色の小花をつける。中国南部の原産。観賞用。観音笹。琉球棕櫚竹(りゅうきゅうしゅろちく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんのんちく【観音竹】

ヤシ科の常緑低木。中国南部原産。高さ1~2メートル、直径2センチメートル 内外。幹はシュロ類と同様に、古い繊維質の葉鞘に包まれ分枝しない。葉は長い柄があり、茎の上部にのみつき、掌状に四~八片に深裂する。雌雄異株。沖縄の寺、観音山を経て300年前に渡来したといわれる。園芸品種が多い。筋頭竹。リュウキュウシュロチク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

観音竹 (カンノンチク)

学名:Rhapis flabelliformis
植物。ヤシ科の常緑低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android