コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角南重世 すなみ しげなり

1件 の用語解説(角南重世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角南重世 すなみ-しげなり

1647-1697 江戸時代前期の武士。
正保(しょうほ)4年生まれ。幕臣。書院番,徒士頭(かちがしら),目付などをへて,元禄(げんろく)7年駿府(すんぷ)町奉行となる。元禄10年4月30日死去。51歳。本姓は林。初名は重秀。通称は主馬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

角南重世の関連キーワード阿部正次山之井ロック(年譜)宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史高校授業料の無償化斎藤徳元杉山杉風

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone