コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角田柳作 つのだ りゅうさく

1件 の用語解説(角田柳作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角田柳作 つのだ-りゅうさく

1878-1964 明治-昭和時代の日本文化研究家。
明治11年9月8日生まれ。42年仏教布教のためハワイにわたる。大正7年アメリカ本土にうつり,日本文化の研究と教育のため昭和3年コロンビア大に日本文化研究所を設立。同研究所からドナルド=キーンらがでた。昭和39年11月29日ハワイで死去。86歳。群馬県出身。東京専門学校(現早大)卒。著作に「井原西鶴」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の角田柳作の言及

【日本研究】より

…また建築,芸術の分野における草分け的研究としては,日本の民家を詳しく紹介したE.S.モースの《日本のすまいとその周囲》(1886)や,E.F.フェノロサの遺作《東亜美術史綱》(1912)と,詩人E.パウンドが発表したフェノロサの漢詩と能楽の研究も重要である。 ボストン美術館東洋部部長を務めた岡倉天心,イェール大学の朝河貫一(1873‐1948),コロンビア大学の角田(つのだ)柳作(1877‐1964)など,アメリカにおける日本研究に尽力した日本人の役割も見逃してはならない。朝河はイェール大学で博士号を取得し,1906年から同大学で日本語,日本史を担当するかたわら,日本関係図書も収集し,のちのイェール大学の日本研究発展の基礎を築いた。…

※「角田柳作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

角田柳作の関連キーワード須田珙中高橋周桑赤木勝雄岡繁樹加来素六中根貞彦宮川竹馬山田耕雲吉田貞雄竜粛

角田柳作の関連情報