角筆文字(読み)かくひつもじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角筆文字
かくひつもじ

経文や漢籍などの行間に,角筆 (かくひつ) という先をとがらせた箸 (はし) のような道具で,紙面を押しくぼませて跡をつけて書いた文字。私的なメモを記すものとして使われたのであろうと推定され,漢文の訓読の際に,文書そのものを汚さずにヲコト点を記入する方法とされたほか,図絵の下描きなどに使われていた。角筆の材質は,竹や木で,江戸時代の松平定信使用の象牙製のものも残っている。文献の上では平安時代にあったことは知られていたが,1987年に正倉院文書にも角筆文字のあることが確認され,奈良時代からあったことが判明した。江戸時代末に至るまで各時代に文献が残っており,角筆が毛筆とともに使われていたことがわかる。さらに中国漢代の木簡に刻文のあることが認められ,源流は中国であろうとされる。日本では既に 200点以上の角筆文献が発見されており,今後の研究により,平安時代の日常口語の実態解明に大きな期待が寄せられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android