角花菊太郎(読み)かくはな きくたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角花菊太郎 かくはな-きくたろう

1919-2004 昭和-平成時代の製塩技術者。
大正8年11月20日生まれ。高等小学校卒業と同時に郷里石川県で家業の製塩業に従事。昭和33年臨時塩業措置法の成立で製塩業は廃止されることになったが,珠洲市の委託により,伝統ある揚浜塩田による製塩技術の保存・継承につとめる。平成3年揚浜塩田製塩技術保存会を結成し,会長。9年吉川英治文化賞。平成16年死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android