コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠洲市(読み)すず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

珠洲〔市〕
すず

石川県北部,能登半島の北東端にある市。1954年飯田町,宝立町,正院町の 3町と上戸村,若山村,直村,三崎村,西海村,蛸島村の 6村が合体して市制。市名は古代以来の郡名による。中心市街地は飯田。早くから出雲,佐渡などと結ばれた海上交通の要地。江戸時代は北前船でにぎわい,製塩の中心地としても繁栄したが,明治以降船運の重要性が減じたため,1965年能登線が通じるまで県央部と隔絶されていた。市域の大半は林野で,人口の大部分が富山湾に面する内浦の平野部に集中し,蛸島など漁業を営む地区もある。内陸部では米,リンゴ,タバコの栽培,酪農,肉牛飼育が行なわれ,能登瓦,ケイ藻土によるこんろ,断熱煉瓦を産する。沿岸部は珠洲岬をはじめ外浦海岸,内浦海岸とも景勝地に恵まれ,能登半島国定公園に属する。平時忠の五輪塔,須須神社(すずじんじゃ),見附島(軍艦島),また日本で唯一揚浜式製塩法が残る奥能登塩田村(→揚浜式塩田),透明度の高い海水浴場を中心とした鉢ヶ崎の開発など観光地化が進められ,奥能登観光の拠点となっている。なかでも北東部にある須須神社の五体の木造男神像は国の重要文化財で,神社の社叢は国の天然記念物。国の重要無形民俗文化財に奥能登のあえのこと,国の重要有形民俗文化財に能登の揚浜製塩用具,能登の漆かきおよび加賀・能登の漆工用具がある。国道249号線が通る。面積 247.2km2。人口 1万4625(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

珠洲市の関連情報