コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角谷一圭 かくたに いっけい

2件 の用語解説(角谷一圭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

角谷一圭

金工家。明治37年(1904)生。香取秀真らに師事。日本伝統工芸高松宮総裁賞・朝日新聞社賞受賞。茶の湯釜の制作で人間国宝に認定される。大阪住。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角谷一圭 かくたに-いっけい

1904-1999 昭和-平成時代の金工家。
明治37年10月12日生まれ。父巳之助(みのすけ),大国藤兵衛,香取秀真(ほつま)に師事。茶釜の名作の修復をとおして形態や地紋を研究,その成果を反映させた作品で昭和36年日本伝統工芸展朝日新聞社賞をうける。48年伊勢神宮式年遷宮(せんぐう)の神宝鏡を制作。53年茶の湯釜で人間国宝。平成11年1月14日死去。94歳。大阪出身。本名は辰治郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

角谷一圭の関連キーワード解析変成作用熱雲東欧演劇竹島(韓国名・独島)問題日露戦争日韓議定書白石葭江橘周太バードヒルゲンドルフ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角谷一圭の関連情報