コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角谷一圭 かくたに いっけい

美術人名辞典の解説

角谷一圭

金工家。明治37年(1904)生。香取秀真らに師事。日本伝統工芸展高松宮総裁賞・朝日新聞社賞受賞。茶の湯釜の制作で人間国宝に認定される。大阪住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角谷一圭 かくたに-いっけい

1904-1999 昭和-平成時代の金工家。
明治37年10月12日生まれ。父巳之助(みのすけ),大国藤兵衛,香取秀真(ほつま)に師事。茶釜の名作の修復をとおして形態や地紋を研究,その成果を反映させた作品で昭和36年日本伝統工芸展朝日新聞社賞をうける。48年伊勢神宮式年遷宮(せんぐう)の神宝鏡を制作。53年茶の湯釜で人間国宝。平成11年1月14日死去。94歳。大阪出身。本名は辰治郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

角谷一圭の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角谷一圭の関連情報