角質肥厚(読み)かくしつひこう(英語表記)callus

翻訳|callus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「角質肥厚」の解説

角質肥厚
かくしつひこう
callus

長期間の弱い紫外線などの影響で,皮膚表面にあって自然にはがれ落ちるはずの角質 (あか) が長くとどまり,皮膚が厚みが増して硬くなった状態をいう。皮膚の透明感がなくなり,乾燥やくすみが目立ってくる。表皮は,外側からに角質,透明層,顆粒層,有棘 (ゆうきょく) 層,基底層の5層に分かれている。このうち重要な働きをしているのが角質層で,水分を保持したり,外部からの刺激を防ぐバリア (障壁) としての働きがある。通常,表皮細胞は 28日周期で再生されるが,新陳代謝が鈍くなったりすると,それが長引いて角質肥厚の原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android